おはよう、地球~ある朝の観察~


日の出前。仄白い空。雲の濃淡。

太陽が胃袋を起こす。太陽が膀胱を起こす。

太陽が目、耳、鼻、、、諸感覚器官を起こす。

ひんやりとした空気が足先にまとわりついている。

私の体が内側から徐々に覚めだしたように、地球も内から目覚めていく。

大地がめざめ、緑が呼吸し、虫がうごめき、鳥が飛び交う。

虫や鳥たちも「お腹空いたー!」から始まるのかな。

大地や緑や虫や鳥の交響が、耳奥の螺旋を通って太古の記憶と共振している。

それはきっと、生命以前の微かな微かな波のようなものだったころの記憶。


今日も太陽が地球を、地球が私を起こしてくれた。

さて私は子供たちを起こすとしますか。


 

コメント